旭川を中心としてSOHO(個人事業主)が集まってスキルアップと情報交換をしています。

ASCとは

ASCについて

SOHOの新しい業態としての社会的地位の向上

SOHOは新しい業態として徐々に社会的進出が進み、事業として成立し始めています。また、SOHOの多くは相当量の技術力があり、そのレベルの高さは企業をも凌駕することさえあります。
しかし、多くのユーザー企業からはその組織力の低さから敬遠されがちです。 このため、一部のSOHOはIT企業の外部スタッフとして活動することさえあります。 そこで私たちは、「SOHO自身が、SOHOのための社会的地位向上のための事業を協同・組織化」することにより、分散していた力をまとめ、よりレベルの高い事業を行うことを目的とします。 
さらに、旭川を中心とした上川圏において、起業を考えている人や起業したばかりの人達の各種サポートを行うことにより、SOHOという事業形態の促進を目指します。

SOHO間の連携による業務の向上

私達が定義するSOHOとは、独自のアイデアや技術を武器とした小規模事業主であり、自己責任のもと事業家かつ個人としての自立ができている新しい業態であると考えています。 その規模は小さいながらも互いにネットワーク連携された組織では、個々の力を最大限に発揮できより高度な業務を達成することができます。

旭川の情報化推進

現在、旭川は情報化の推進が鈍化し、IT技術の恩恵を得ていない個人・企業が多くみられます。それで、私たちSOHOが主体となり、旭川近郊の情報化の推進・高度化を提案・推進します。